Roの物語

Ro(ロー) は クラフツマンシップ、品質、そして 静けさ への愛 に深く根差した 北欧デンマークのデザイン会社です。

Ro(ロー)とはデンマーク語で、「静けさ」「落ち着き」「心の安らぎ」を意味します。私たちの住む、せわしなく絶えず変化する世界とは対照的な存在です。

Roのクリエイティブディレクターであり、自身がデザイナーでもあるレベッカ・ウ―と、コレクションに貢献している他のデザイナー達とのコラボレーション。

それが、Roの作品です。Roの作品にはどれも、プロフェッショナルで魅力的なアート、技術、デザイン、そして材料が用いられています。

すべてのRo作品は、キュレーターとデザイナー間の建設的な会話の賜物として生まれたものであり、ラインアップには、多くの人に好まれるデザインの物もあれば、

ユニークなアートデザインの物もあります。

「人間そのものが、私の活動すべての焦点となっています。私は作品を通して人々を魅了し、驚かせ、変えていきたいのです。私にとってデザインとは、

身体と魂を通じて感じられ、味わってもらい、眺められるもの… 時には 想像をはるかに超えた

説明しがたいレベルであり、時には日常のちょっとした驚きでもあるのです。」

レベッカ・ウー

レベッカ・ウ―は、2013年にRoを設立、彼女自身が同会社のクリエイティブディレクターを務めています。アーティスティックディレクターとしての彼女の役割としてレベッカは、数名の選ばれたデザイナー達と密接に連携し、Roの世界そのものを表現するホリスティックで革新的な作品を監修しています。Roの世界とは、芸術性、そして、年月を重ねるごとに増す美しさにフォーカスした世界です。

レベッカ・ウ―はデンマークデザインスクールで、インダストリアルデザイナーとしての教育を受け、Georg Gensenでデザイナーとして活躍、現在は自らロー・コレクションのデザインを手がけています。ボウルやライトピース、 その他の作品がレベッカによってデザインされました。